W-PROTECTW

コラム

COLUMN

五輪作曲家、20年以上前の記事が原因で辞任騒動に発展

2021/07/07

五輪作曲家、20年以上前の記事が原因で辞任騒動に発展

今回は炎上騒動に発展した事件をピックアップしてお届けします。

事件の概要

開催目前に迫った東京五輪の作曲家担当者が、
20年以上も前に出版された雑誌記事が原因となり辞任騒動にまで発展しています。

1994年発売された雑誌「ロッキング・オン・ジャパン 1月号」

その中で、過去にいじめ加害者であったこと、その当時の状況を公表していました。

東京五輪の作曲家の一人として注目されているなか、過去の記事に注目が集まり
批判が殺到した末、開催4日前にして辞退を申し出ることとなりました。

身近に潜むリスク

今回は関心度の高いコンテンツであったため、その影響力も大きいものでした。
しかし他人事とは考えにくい内容でもあります。

過去の事実とは異なる事や、誤解を招くような記事が出まわり、知らぬ間に風評被害が拡がる事もあります。
企業への影響を防ぐためにも、日々の情報収集を欠かさず、瞬時に正しい情報に訂正できるような体制を整えておく必要があるでしょう。

ネット監視ツール-OWL eye-

いち早く火種を見つけ、迅速な対応が可能です。
24時間のシステム監視と、
専門のスタッフによる有人監視を行うことでどんなリスクも見逃しません。

無料相談
お申込み