W-PROTECTW

コラム

COLUMN

PPC広告?リスティング広告との違いは?!

2022/04/28

基礎知識

PPC広告?リスティング広告との違いは?!

リスティング広告やディスプレイ広告という言葉は良く知られている広告形態かと思いますが、PPC広告をという言葉を耳にするのは初めてという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はPPC広告とは何なのか、リスティング広告やディスプレイ広告との違いをご説明します!

PPC広告とは?

PPC広告はPay Per Clickの略語で、クリック毎に費用が発生する広告の総称となります。
他にも、CPM広告というものがあり、こちらはCost Per Mile略語で、広告の表示回数に応じて費用が発生する広告を指します。
PPC広告は、ユーザーがクリックして初めて費用が発生します。
確実に流入を確保できる、費用対効果の高い広告となります。その為、CPMなどに比べ、費用が高くなるのが特徴です。

GoogleやYahooに表示されるリスティング広告はPPCの代表例です。
リスティング広告とは、検索結果ページに表示される広告を指し、検索連動型広告とも呼ばれています。
企業側(広告主)が設定した検索キーワードで検索をしたユーザーに、広告が表示される仕組みとなっています。
ユーザーが検索したタイミングで広告が表示されるため、商品やサービスに興味を持ったタイミングでアピールできるのが特長です。

その他、Googleディスプレイ広告(GDN:Googleディスプレイネットワーク)やYahooディスプレイ広告(YDN:Yahooディスプレイアドネットワーク)で配信する、ディスプレイ広告もPPC広告となります。

前述のとおり、リスティング広告やディスプレイ広告の総称をPPC広告と呼びます。PPC広告の一部がリスティング広告となります。

PPC広告の費用は?

PPC広告には以下のような種類があります。
・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・SNS広告(Facebook・Instagram・Twitter・LINE)

広告料金は、クリック数に応じて費用が発生し、「クリック数×クリック単価」で計算されます。

クリック単価は、広告のジャンルやターゲットによって相場が違ってきます。
単価は、オークション方式(入札方式)が採用されている為、クリック単価を高く設定している企業が優先される傾向にあります。
例えば、コスメなどの美容関係は競合の多いジャンルとなり、他のジャンルに比べクリック単価が高くなりやすいです。

しかしながら、PPC広告は他の広告に比べ低予算で始められることが特徴です。
初期費用はかからず、出稿後もジャンルやキーワード選定をしっかり行えば低予算で運用できます。Yahoo!広告なら出稿金額に制限はありませんので、効果が得られたら運用費用を変更するなど、広告主のニーズに応じてカスタマイズ可能です。

PPC広告のメリットとデメリット

メリット
PPC広告は、クリックされなければ広告費用がかからない点がメリットです。
広告費用は発生しているのに、サイトへの流入が得られないということは避けられます。
キーワード選定などを上手くすれば、少ないコストで多くのユーザーを獲得する事ができます。

また、いつでも内容の修正ができたり、出稿の停止・再開ができたりと柔軟に変更が可能です。
例えば、紙の広告の場合、変更や見直しをしたくても一度作成をして出稿してしまったものは中々修正ができません。
一方、PPC広告は上述したように、文章の変更や一時的な出稿停止・再開も自分で決めることができ、成果を見ながら柔軟に対応できるメリットがあります。

デメリット
PPC広告の単価はオークション形式で決まるため、競合の多い商品や人気のあるキーワードで出稿をすると、クリック単価が高くなりやすくなる点がデメリットとしてあげられます。

属性などターゲットの設定を誤ってしまうと、単価が高くなり、損失がでてしまう可能性があります。
そのため、簡単に成果が出る訳ではないので低予算で始められるからといって雑に設定を行うとダメージを受ける点に注意が必要です。

できるだけ低予算で出稿をしたい場合は、ロングテールキーワード(複数語の組み合わせからなるキーワード)の設定をするなどより入札単価の低いキーワードを登録することが重要です。

まとめ

PPC広告は、ユーザーからのクリックがなければ広告費用は発生しないので、費用対効果が高い広告と言えます。
ただ、競合の多いジャンルやユーザー属性を設定すると、単価が高額になる傾向にあるという点がデメリットとなります。誰でも簡単に低予算で出稿することができますが、成果を出すのは難しい広告ですので、時間をかけて運用し、適切なキーワード選定などを行うことが重要です。

上手く運用ができるようになると、他の広告に比べ低価格で集客を行うことができるようになります。
是非運用してみてはいかがでしょうか。

Googleビジネスプロフィールで集客!

第2のホームページと言われるGoogleビジネスプロフィールを
上手く活用して集客しましょう!!

無料相談
お申込み