W-PROTECTW

コラム

COLUMN

効果的なMEOの仕方!

2022/01/12

MEO

効果的なMEOの仕方!

最近よく耳にする"MEO対策”をしてみたいけど方法がわからないという方も多いと思います。
MEO対策は内容を理解しGoogleマイビジネスを運用すれば、集客効果はかなり大きいです。
今回は、MEO対策の集客における効果的なMEO対策のポイントについてご説明します。

MEO対策とは?

MEO対策とは“Map Engine Optimization”の略で、
Googleマイビジネス情報をGoogleマップ検索で上位表示を目指す施策のことを意味します。MEO対策は日本語でローカルSEO、ローカル検索などとも呼ばれます。

目的地を決定する際に「地名+業種」で検索を掛けるローカル検索の需要も高まっています。(例:江坂 不動産) 
MEO対策ではユーザーが目的地を探すために検索をするという特徴があり、より確度の高い見込み客にアプロ―チでき、集客効果が期待できます。

MEO対策が集客に効果的な3つの理由

スマホやインターネットの普及

スマートフォンの普及により簡単に目的地を検索できるようになったことも理由として挙げられます。

対策している店舗・企業が少ない

Googleマイビジネスは比較的新しいサービスの為、対策をしている企業が少なく、活用があまりできていないというのが現状です。

来店の確率が高い見込み客にアプローチできる

上項でもご説明したように、目的地を決定する為に検索をしている客にアプローチができる為、より角度の高い見込み客を集客できる可能性があります。

MEO対策のメリット

費用対効果が大きい

Googleマイビジネスは無料で使用することが可能です。SEO対策は対策業者に依頼をするなどすると高額な費用が掛かる為、MEO対策はSEO対策と比べて費用対効果が大きいと言われています。

初心者でも始められる

Googleマイビジネスの登録は誰でも簡単に行うことが可能です。
登録内容を充実させることが重要になります。

利用者とコミュニケーションが取れる

Googleマイビジネスにはお店を利用した顧客が口コミと投稿できる機能があります。
感想を書き込んでくれたお客さんに、返信を行えば顧客はより良いイメージをお店に持ちますし、これから利用する潜在顧客もお店に対し良いイメージを持つでしょう。
否定的なコメントがついてしまった時も、紳士に対応することが重要になります。

効果的なMEO対策のポイント

Googleマイビジネスの内容を充実させる

Googleマイビジネスの内容を充実させることでユーザーが検索するキーワードとの関連性が高まり、検索でもヒットしやすくなります。
Googleマイビジネスを継続的に更新することで、お店の情報が増えMEO対策上位表示の為に効果的となります。

最新かつ正確な情報を保つ

Googleマイビジネスに登録する情報は、誤りがないように正確な情報を掲載する必要があります。
例えばGoogleマイビジネスに定休日の表示をし忘れた場合、情報を確認したユーザーが実際にお店に訪問した時に営業していなかったらお店の信用まで落ちてしまいます。
Googleマイビジネスに登録されている情報は利用者の情報を反映する場合もあります。その情報が誤っていた場合誤った情報が表示されることもあります。常に情報が正しいか定期的にチェックする必要があるでしょう。

NAP情報の表記を統一する

NAPとはお店の名前Name・住所Address・電話番号Phoneのことを言います。
MEO対策では、Googleマイビジネスの情報を関連するサイトやSNSでの表記と一致させることが非常に重要になります。
NAP表記を統一することで、「多くの場所で引用されている知名度が高いお店だ」とGoogleが判断することにより、評価も高まります。

【NAPが統一されていない例】
Googleマイビジネス:ライフデザイン
HP:LifeDesign

Googleマイビジネス:吹田市豊津町8-7 タカラビル4階
HP:吹田市豊津町8-7 タカラビル4F

口コミの管理と返信をする
口コミの数を増やして評価を上げる

MEO対策を効果的に進めるにはいかに口コミの中に重要なキーワードが含まれているかというポイントもあります。
口コミの数が増えるとGoogleはそのお店が多くの人に知られているお店だと認識し、知名度が高くなります。
更にコメントの中にお店が対策しているキーワードが含まれていると、検索をしたときにそのキーワードが太字で表示されることになります。
キャンペーンを行うなどして利用者が口コミを書きたくなるように促しましょう。

MEO対策とは?

無料相談
お申込み