W-PROTECTW

コラム

COLUMN

分かりやすいリスティング広告!

2021/11/22

基礎知識

分かりやすいリスティング広告!

リスティング広告とは、検索連動型広告のことです。
特定のキーワードに対して広告を表示させ、そのキーワードをユーザーが検索している関心が高い時に広告が表示されるため、コンバージョン率が高くなる特徴があります。

リスティング広告が表示される場所は、検索結果の上部と下部です。

リスティング広告は、Webマーケティングにおいて重要な役割を担っていると言えます。
どんな商品、サービスであっても、リスティング広告を上手く活用すれば、売上を向上させる事が可能です。

今回は、Web上で商品、サービスをアピールするなら必ず押さえておきたい「リスティング広告」について解説していきます。

リスティング広告とは

リスティング広告には様々な呼び方があります。

・サーチワード広告
・キーワード広告
・PPC広告
・ペイドリスティング
・検索連動広告

リスティング広告では、ユーザーが関心を示して広告をクリックされた場合に料金が発生します。
なので、検索結果に表示されただけでは費用は発生しません。

クリック単価やCPC(Cost Per Click)と呼ばれる課金形態です。
この課金形態により、リスティング広告はPPC(Pay Per Click)広告と呼ばれることもあります。

検索結果の順位は主にクリック率やキーワードと広告の関連性、ランディングページの品質等によって評価される「広告の品質」と、上限クリック単価の掛け合わせによる「広告ランク」に基づいて決定されます。
よって、広告ランクの高いものから順に広告が並びます。

リスティング広告のメリット

まず1つ目のメリットは「購買意欲の高い見込み客に直接アプローチできる」事です。

リスティング広告の最大の特長は「特定のキーワードで検索したユーザーに対して、検索したその瞬間に広告を表示できる」事です。
ユーザーは、検索キーワードに関しての何らかの興味を持っていて、その答えを探すために検索します。これが重要なポイントなのです。

例えば、「介護 求人」と検索したユーザーは「介護職で働きたい」というニーズを持っていて、その答えを探す為に検索しているのです。
検索した瞬間に、ユーザーが欲しい答えを広告テキストとして表示させれば、ユーザーは「よし!自分が求めている答えはこれだ!」と判断して、広告をクリックします。

2つ目のメリットは「即日配信スタートできる」事です。

リスティング広告には、専用の広告管理画面が用意されています。
画面の案内に従って必要な情報を入力するだけで広告掲載がスタートします。

外注先企業の担当者の原稿チェックやメールでの条件交渉などは不要、且つ先方の営業日を気にする必要もありません。24時間いつでも掲載開始が可能です。

3つ目のメリットは「リアルタイムで改善できる」事です。

リスティング広告には専用の管理画面が用意されていると上記でお伝えしましたが、管理画面からリアルタイムで成果をチェックする事ができます。
想定よりも結果が悪い場合には、すぐに広告掲載を一時停止して指定ワードの見直しや各種改善対策も可能です。

リスティング広告のデメリット

まず1つ目のデメリットは「視覚に訴えるアプローチができない」ことです。

リスティング広告は基本的にテキストで構成されるため、「画像バナー」のような視覚に訴える訴求はできません。
例えば、魅力を伝えるためにビジュアルが重要な商品や、写真を使ってブランドイメージの向上を図りたい等といった目的では、リスティング広告では意味を成しません。
リスティング広告でアプローチできるのは、テキストベースで表現できる範囲になります。

2つ目のデメリットは「広告慣れしているユーザーのクリック率が低い」事です。

「ここに表示されているコンテンツは広告」と学習しているユーザーの場合、
無意識に広告エリアに視線を送る事自体を避けるというデータがあります。
広告慣れしているユーザーの場合、リスティング広告で魅力的な広告文を表示しても見落とす可能性がある事は、マイナス面として知っておきたいポイントです。

3つ目のデメリットは「競合他社との競争が激しい」事です。

リスティング広告では、特定のキーワードさえ入力して検索結果を確認すれば、競合他社がどんなテキストでリスティング広告を出稿しているか見放題という特性があります。

競合他社の広告文を参考にする事も、より強いテキストで対抗する事も可能で、競争が激しくなりやすい広告です。

更に、入札金額での掲載順位争いもあります。
競合他社も狙っている人気のキーワードでは、競争が激しくなりすぎて上位表示されないケースがあります。
解決策としては、競合他社が気づいていない自社だけのキーワードを見つけだす事です。

まとめ

リスティング広告は自社のサービスの打ち出しを把握しておかなければいけません。
他にもGoogleを使った広告がありますので、適正な広告を打ち出しましょう。

無料相談
お申込み