W-PROTECTW

コラム

COLUMN

自社採用サイトのSEO対策

2021/11/05

基礎知識

自社採用サイトのSEO対策

自社採用サイトの求人応募を増やす方法の中にSEO対策があり、広告費用無しで求人応募数を増やせる可能性があります。
しかし、「採用サイトにSEO対策を行えば求職者は集まるのか」「そもそもSEO対策って何?」「意味あるの?」と思う人もいるでしょう。

ここではSEO対策とはどんな方法なのか、自社採用サイトにSEO対策を行うメリットやデメリットなどについて説明していきます。

SEO対策の基礎知識

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使用して検索を行った際に、自社サイトを検索結果一覧の1ページ目に表示させる方法です。
SEO対策をする事で、自社の採用サイトを検索結果一覧の1ページ目に表示できれば、求職者の目に付きやすくなり、より多くの閲覧が期待できます。
自社が採用サイトを作成する際は、ユーザーの検索意図をくみ取り、ユーザーが満足できるコンテンツを作成する事がSEO対策を行う為の1つのポイントと言えます。

SEO対策の必要性

採用サイトを作成し自社が伝えたい事を発信しているだけでは、求人応募数は増えないかもしれません。

採用サイトを求職者に見てもらう為には、専門の求人媒体に掲載したり、
SEO対策を行って求職者が採用サイトを目にする機会を増やす必要があります。

求人媒体に求人情報を掲載するためは広告費がかかります。
求人媒体を使用するだけでなくGoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果の上位表示されるようSEO対策を行いましょう。

検索エンジンで企業名を直接調べる求職者は自社への興味や関心が高いです。

高額な料金で、採用サイトを作成したりデザインにこだわった採用サイトを作成したりしても、検索結果一覧の上位に表示されなければ求職者の目に留まりにくいですし、求人応募のチャンスを失ってしまうことに繋がります。

求職者に自社採用サイトへの訪問を促すためだけでなく、求人応募のチャンスを逃さないためにも、自社採用サイトにSEO対策は必要だと言えます。

求人サイトSEOで注意する事

採用サイトを作成する際に誰に向けたコンテンツなのかを明確にしていないとユーザーの満足度が上がらず、Google側に評価されにくくなってしまいます。
検索エンジンはユーザーにとって良いコンテンツを評価し検索結果一覧の1ページ目に表示するため、求職者にとって必要な情報が掲載されないと、ユーザーの満足度は上がらず、Google側に質の低いコンテンツと判断されてしまうことになります。

自社が伝えたい事だけを詰め込んだコンテンツではなく、自社に来てもらいたい求職者がどんな情報を求めているか、何を望んでいるのかを考慮し、求職者の検索意図を汲み取ったコンテンツ作成が重要となります。

無料相談
お申込み