W-PROTECTW

コラム

COLUMN

SNS上での炎上リスク対策

2021/11/10

基礎知識

SNS上での炎上リスク対策

企業のマーケティング活用においてSNSは欠かせない存在になっています。
ユーザーが情報発信をしやすいメリットがありますが、その情報は瞬く間に広がりネガティブな投稿であれば企業に莫大な被害をもたらす要因ともなります。
炎上回避をする為の予防方法と起こってしまった後の対処方法をお伝えします。

なぜ炎上は起こるのか?

口コミ投稿をする場合において、企業や店舗に来店したユーザーはよっぽどのことがない限り良い投稿をすることは少ないように感じます。
それに比べ、「店員の態度が悪かった」「この企業の商品は効果が出ない」といったネガティブな事は怒りや苛立ちから投稿をしようという行為に発展しやすくなる傾向があるように感じます。
炎上元はユーザーだけでなく元従業員や現従業員など内部告発によるものもあります。

炎上が起きたときはどのようにすれば良いのか?

Twitterなどで起こった炎上などは企業側から公式にコメントを出すことが重要です。
炎上の規模が大きい場合は記者会見といった場を設ける必要性もあります。

口コミ投稿にネガティブなコメントがあった場合は、そのコメントに対し今後の改善策など具体的な対応を伝えることが重要です。

企業として、炎上を起こりにくくする為の組織づくりが必要不可欠となります。

炎上が起こった時の対応方法を決める
社員のSNS運用ガイドラインを作成する
ネガティブな投稿がされていないかSNSを監視する
炎上が起きた場合は迅速に対応する

弊社サービス OWL eyeをご紹介!

OWL eyeを活用すると、TwitterやGoogle、Yahooなどで対象キーワードに関する投稿がされた場合、指定のメールアドレスに通知がくるというシステムです。
人力でネットを確認する必要がなく、システムで行っているので炎上が起きる前に早期対応が可能です。
発見が2,3日後になり『企業側の対応が遅い』などといった2次被害を防ぐこともできます。

よりOWL eyeをわかりやすく!

無料相談
お申込み