W-PROTECTW

コラム

COLUMN

Yahoo!ニュースが記事単位でコメント欄を閉鎖可能に。

2021/11/01

NEWS

Yahoo!ニュースが記事単位でコメント欄を閉鎖可能に。

ヤフーは10月の更新で、Yahooニュースのユーザーコメント欄を記事単位で閉鎖することが可能になりました。
今回はこのトピックに注目してみようと思います!

AIが自動判定してコメントを規制する

今回のYahoo!が発表した誹謗中傷対策は主にAIが投稿を判断をして規制を掛けるものとなっています。
具体的な措置の一つに、AIが違反と判定したコメントを複数回投稿しているユーザーに対して、「コメントの投稿ができなくなる可能性がある」と、表現を強めた警告が出されるようになります。
また、投稿停止措置を実施する基準はこれまでより厳しくなっており、投稿停止措置が講じられたユーザーに対しては、異議申し立てのための問い合わせ窓口が用意されています。

コメント欄の閉鎖も起こり得る!?

ユーザーへの警告もさることながら、Yahoo!ニュースの記事に対しても影響を与えることもあります。
一定以上の投稿数のある記事のコメント欄を対象に、AIが判定した違反コメント数などの基準に従い、コメント欄を自動的に非表示する機能です。
これまでコメント単位の対策を行ってきたYahoo!ですが、遂にコメント欄を丸ごと非表示にするという判断を下しました。
これによりニュース記事内でのネガティブコメントの大量投稿を防ぐことが出来るのと同時に、有益なコメントまで巻き添えを受けてしまう可能性も生まれました。

記事公開から1時間で非表示に!

10月26日(火)に小室圭さん、眞子さんの結婚ニュースが投稿されたわずか1時間後にコメント欄が閉鎖されました。
コメント欄が閉鎖された理由は、コメトポリシーに反するコメントが短時間で大量に投稿されたためです。

しかし、後日「コメント欄が非表示になった」との記事が出ると、
懐疑的なコメントが多数投稿されました。

今後も数多くのニュース記事が公開されるYahoo!ニュースで、コメント欄の健全化を目指すための対策強化ですが、
公開されるニュースの信ぴょう性や公平性も重要になりますね。

無料相談
お申込み